お問い合わせ、ご予約はこちら

tel.03-3427-6331

受付時間/09:00~19:30 休日/日曜、祝日

整体、鍼灸治療ならなら世田谷区豪徳寺の八木整骨院

逆子の施術も当院で行えます。世田谷区の八木整骨院の逆子施術について

逆子には鍼灸がよい事をご存知ですか?
鍼灸で逆子が戻ります。

妊娠28週目以降に逆子の場合、主治医の先生からは逆子体操を指導されます。
それで治ればよいですが、万が一治らない場合は、帝王切開などの出産になる場合もあるので、確実に逆子は治しておきたいですね。

当院長は病院からの臨床データを多数持っております。

世田谷区の八木整骨院・八木鍼灸院の院長が開業前に勤務していた世田谷瀬田にある日産玉川病院東洋医学科では、産婦人科と協力して、逆子体操をしても逆子が治らない妊婦に鍼灸治療を行い、どの様な治療を行うとより成果が出やすいかを毎年データーを取って研究をしてきました。
逆子でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

逆子治療でご不安な事、よくいただくご質問をまとめました。

Q.逆子治療はいつから始めると良いですか?

逆子の場合、32週をすぎると、胎児が大きくなりすぎて、胎動して逆子が改善しにくくなります。ですから、逆子の治療は時間との勝負になります。
産婦人科の主治医から診断を受けた場合、まだ28週なら逆子体操をして様子を見ることを勧められることが多いですが、次回の健診まで逆子が改善したか分からないので、1~2週間時間を無駄に過ごしてしまう危険があります。

ですから、できるだけ早く逆子の施術を受けることをお勧めします。早くから取り組めば早いほど改善率も高いですのですから、診断を受けたらすぐに取り組むことがおススメです。

Q.逆子治療はどの様な治療をするのですか?

一般的には、足首にある三陰交というツボや、足の小指にある、至陰というツボにお灸をすえる施術が効果が高いです。
自宅でもこのツボを指で押したり、爪楊枝などで刺激を加えると良いでしょう。
当院では、この様な基本的なツボを使いながら、週が遅くなった方には妊婦さんの体の状態に合わせて、必要と思われるツボを追加して施術を行っていきます。

Q.どれくらいのペースで通えばいいですか?

週に最低でも2回は来院して施術を行い、自宅ではセルフケアをしていただき、次回の健診時に改善してるかをチェックしていきます。

Q.治療費は?

逆子の治療は自費治療となります。週が遅くなるほど改善が難しくなるので、治療内容が増えるため料金が変わります。逆子が分かり次第、なるべく早く治療を開始する事をお勧めします。

初診料  1,100円

治療費   30週未満の場合  2,200円~(お灸のみを行います)

      30週~32週未満  3,300円~(お灸のみか、鍼とお灸両方使います)

      32週以降      4,400円~6600(鍼とお灸を両方行います。)

※お体の状態によって、施術内容か変わります。施術前に料金をご提示いたします。


逆子は、妊娠週が過ぎれば過ぎるほど、赤ちゃんが大きくなって、戻りにくくなります。逆子体操などをして様子を見てから・・・と思っていると、どんどん改善しにくくなります。

28週で逆子と診断されて、逆子体操をして30週で再度検診で逆子と診断されたので、当院に電話をして、来院したのが31周だったというパターンは良くあります。28~30週の時に来院していれば、もっと簡単だったのに・・・と私達は心の中で思います。逆子と診断された方はなるべく早く当院までご相談下さい。

世田谷区豪徳寺の八木整骨院にご相談ください!

八木整骨院・八木鍼灸院へのアクセス、
院情報について

住所東京都世田谷区豪徳寺1-50-18プルミエ豪徳寺1階
駐車場無し/バイクは有り
保険のご利用健康保険、自賠責保険、労災等
クレジットカード利用不可
ご予約予約優先制ではありません。
ただし、治療担当者に希望がある場合は必ずご連絡の上ご来院ください。
最寄り駅小田急小田原線 豪徳寺駅から徒歩1分
営業時間月~金曜日
《午前》09:00~12:00 《午後》14:30~19:30
土曜日
《午前》09:00~12:00 《午後》14:30~17:00
休日日曜、祝日

どんな事でもお気軽にお電話下さい!

~ご予約随時受け付け中~Tel.03-3427-6331

日本メディカル美容鍼協会

閉じる

閉じる