お問い合わせ、ご予約はこちら

tel.03-3427-6331

受付時間/09:00~19:30 休日/日曜、祝日

椎間板ヘルニアにより坐骨神経痛の治療法

2014/12/20

ご訪問ありがとうございます

世田谷区豪徳寺の

鍼灸治療・交通事故治療院
八木はりきゅう整骨院です

臀部から太ももの、ふくらはぎ等の下腿部に痛みやしびれが出てくるのが
坐骨神経痛です。

 

坐骨神経痛が起きる原因の1つに腰痛椎間板ヘルニアがあります。

20代~40代の方に多いです。

 

腰の痛みがある場合と、腰の痛みは全くなく、
臀部や足の方にだけ痛みやしびれが出る場合がいあります。

 

整形外科でレントゲンを撮ると、
「骨と骨の間が狭くなっています。椎間板ヘルニアでしょう」
と診断されるでしょう。

 

腰の骨と骨の間にあるのが、椎間板です。

 

骨と骨の間が狭くなると、間にある椎間板が圧迫されるので
椎間板の中にある髄核という部分が飛び出してしまう
事があります。

 

飛び出した物=ヘルニア

です。

 

ヘルニアが飛び出すと言う事は、
椎間板の繊維を突き破って出てくるので

繊維がブチブチっと切れた事で
痛みや炎症が起きて来ます。

 

➀炎症が強ければ痛みは強いですし
 坐骨神経まで炎症が広がれば
 坐骨神経の炎症が起きて、坐骨神経痛が起きます。

 

➁また、飛び出したヘルニア自体も炎症を起こして
 腫れあがっているので、飛び出したヘルニア自体が
 坐骨神経に触れて、坐骨神経痛を引き起こします。

 

➂炎症を起こすと、その周囲の血液循環は乱れて来ます。
 その結果、坐骨神経にく血液の流れが悪くなります。

 
 また、血液の循環が悪くなる=むくみが起きてくるので
 むくみによる坐骨神経の圧迫により坐骨神経痛も
 引き起こされてきます。

 

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、上記した
①~③までの理由で引き起こされます。

 

必ずしも椎間板ヘルニア単独が原因ではないので
ヘルニアがあったとしても、炎症が引いて、血液循環が
改善すれば症状は治まってきます。

 

逆に、血液循環が改善しないと、手術をして
ヘルニアを取り除いたとしても、神経痛が
改善しない場合もあります。

 

血液循環を改善させる事は非常に重要なんです。

 

血液循環が良くなるためには

➀筋肉の固さを取り除く事と

➁人間の持つ、身体の機能を正常にして、活発にする必要があります。

 

そのために、一番効果的な治療法は
鍼灸治療です。

 

カイロプラクティスや整体など、いろいろな
治療法があり、それぞれの良さがあります。

 

当院では、効果的な治療は組み合わせる事が良いと考え
鍼灸治療をベースに行い、さらにマッサージ、整体、
カイロなどの手技を補助的に加えます。

世田谷区豪徳寺の八木整骨院にご相談ください!

同じカテゴリの記事

八木整骨院・八木鍼灸院へのアクセス、
院情報について

住所 東京都世田谷区豪徳寺1-50-18プルミエ豪徳寺1階
駐車場 無し/バイクは有り
保険のご利用 健康保険、自賠責保険、労災等
クレジットカード 利用不可
ご予約 予約優先制ではありません。
ただし、治療担当者に希望がある場合は必ずご連絡の上ご来院ください。
最寄り駅 小田急小田原線 豪徳寺駅から徒歩1分
営業時間 《午前》09:00~12:00 《午後》14:30~19:30
《土曜日》午後のみ14:30~17:00まで
休日 日曜、祝日

どんな事でもお気軽にお電話下さい!

~ご予約随時受け付け中~Tel.03-3427-6331


世田谷区八木整骨院の口コミを書く

口コミ投稿で50ptゲット!!